求道の歩み
<指導者記> もどる


03月05日(水) 師を偲びて
 

 人の言葉に道に守破離ありと言う
 我が心に問う
 雪中に開く椿の如し 日々風情かわる されど 道根に咲く花なり
 道の法守り守りて 行間の見えざるを観 感じざるを観じるが破離なり
 守破離とは同根一元なり その道を歩むもの守破離なし
 誠 志 覚悟 あるのみ
 利休曰く 規矩作法 守り尽して破るとも 離るるとても 本を忘るな 
 なさんと欲する処をなして 矩をこえずの境地なり
 道は絶対の理なり 守りても守り尽せぬ大道なり
 我れ我を叱る 驕るなかれ 素直たるべし
 今日師を偲ぶ日にあたり私の心を述べ辞とします

 師の志に座す 心地よきこと
 春風にあそぶ梅香の如し                 

    平成二十年三月二日
             山本益司郎


2008年03月5日(水) 師を偲びて
 

 山口清吾先生今どの様にお過ごしですか、先生と直接お話しをする事が出来ませんが、私の心と身体の中では先生のすべてが、永遠の命として生き続けております。
 先生は事に触れ開祖植芝盛平先生の合気道の偉大さを説かれておられました。又終生を合気道の求道者として道を歩まれ、その覚悟の凄まじさを、心身に重く感じております。
 先生の教えに、稽古修行の根本である誠の道とは死と生を超越した覚悟が必要で有る事を、ここに心新たに思い浮かばれます。
 私ども研修会道場は先生の教えと志を頂き、稽古生をはじめご縁ある方々の協力のもと合気道の修行に励んでおります。
 これからも開祖の教え歴代の道主に礼を尽くし、山口先生の教え、志を大切に、合気道の修行に努めます。
 先生の遺稿の一部を記して私の心に刻みます。
「大先生は武術の上のみならず、深く天地自然の理法、万物創造生成発展の理法としての、合気呼吸法を説かれた。技を極め様とする者は、まずその精神理法即ち道に目を向ける事が肝要である。」
 最後に、ご縁ある方々に心底より感謝いたして終ります。     

          平成十九年一月二十八日

                     合気道研修会道場長 山本益司郎


2003年01月18日(土) 師を偲びて
 

光陰は矢の如く、先生とお別れして7年になります。優しくてその中に凛としたお姿が昨日の様に私の心身全てで感じ観えています。開祖植芝盛平先生、恩師山口清吾先生、諸先輩のお陰を頂き、又稽古生皆様の協力のもと研修会道場は日々成長致しております。これも皆々様のご厚情の賜と心より感謝致しております。先生の教えを思いうかべるなかで、誠は道の根本であり、合気の本体である。合気は道の要諦であり、理にして術である。覚悟は行道の大事であり、覚悟のあり方である。これは合気道修行のうえだけでなく、そのまま日常生活人生の指針となるべきである。と教えられました。愚かな私には大変難解ですが一歩一歩生涯を賭して進みます、又研修会道場の基本理念とします。開祖の魂、先生の魂が合気道を志すものに光明を与え導き下さることをお願い致し、今日の言葉とします。道場長 山本


2001年11月27日(火) ただ素直に
 

開祖盛平翁と初めてお会いして早50年になります。やがて合気道が生活の一部になり稽古を通して毎回何かを感じ何かを考えてきました。人が生き動く元になる「立つ姿」がいかに大切であるか痛切に感じています。開祖のお言葉の中にも合気道は天之浮橋に立たなければならない。天之浮橋に立つことが合気道のはじまりといわれています。私の師である山口清吾先生の言葉の中にも「合気道はまず、ただ素直に立ち、または座す。立つ、座すことを真剣に徹底すること、それはやわらかく、しなやかに、おもく、かろやかに、すべてに心を配り、そのまとまりの中心をもち、その意は“和”であり“愛”、“慈悲”、“祈り”でもありその現われでもある」と云われました。実際に何気なく立っていることを考え直してみますと大変な要素が含まれています。心・気・体 すべてを調和させ、生理的にも精神的にも、大脳を通して整理して組み立て直しはっきりとした理合を感じなければなりません。その基本として合気道の根本である「宇宙万世一系の理」、「魂・魄の理」、「表裏の理」をたずねれば何たるかを理解できる方向が見え稽古の中に、日常生活の中に活かし、立ち姿が基本として大切にしなければならないことがはっきりとします。当道場に入門される方々には老若男女関係なく皆さん楽しく愉快に礼儀正しく人生相談をしながら上達しています。道場長 山本


2000年06月05日(月) 礼儀について
 

当道場の礼の基本といたしまして。開祖、植芝盛平道主をはじめ、暦世の道主を尊敬いたし、理念、志をよく理解し、千代の栄を祈り節義を重んじることを、合気道を稽古・修業するものの道の第一義といたしております。私の直接の師であります、故山口清吾先生の教えのなかにも心がけとして、「私は臣下でありその礼は大切にします」又、「その道に進むと決めたら、二夫に交へず、覚悟してことにあたれば、おのずから開け深いものが解り、会得することが出来ます。私も今だ修業中です」の言葉がありました。合気道を学び志すもの、中心にもつべき礼と覚悟を学ぶことが出来ました。すがすがしい思いと、すさまじさを感じ大切にいたしております。平和・愛・祈り・慈悲は相手をみとめ、駆け引き無く裏切りもない、真実の世界であり、その世界を自分のなかにつくりあげることが、合気道の理念でもあると思います。道場長 山本


2000年01月29日(土)
 

研修会道場とは,,, 私は、昭和50年より山口清吾師範が亡くなる平成8年1月(実際は平成7年の暮れ)まで22年、東京でご指導を受けていました。師を亡くしてからは自分たちで師の残してくれた多くの技の理合いを思い出し又、悩んでいた矢先、平成9年10月に大阪に来ました。縁があって、永年山口師範が指導されていた大阪研修会にお世話になり、道場長の山本先生に出会う事が出来ました。山本先生の説明・体の捌きは山口師範そのものであるのには、大変驚きました。いままで山口師範のご指導で難解であった動き等が大変判り易く理解できたからです。初心者はもとより、合気道の稽古で壁にぶつかっているかたには、是非お勧め致します。又、山口師範のすべてを知りたい方には最高の道場だと確信いたします。(T−6段 記)



WhatsNew by Terra